Y-FAB SATELLITE (山形大学工学部 3Dプリンター) 本文へジャンプ
3Dプリンタについて 

工学部荒川サテライトでは、簡易型の3Dプリンタを導入いたしました。
メイカーズムーブメントなる「モノづくりの変革」に追従すべく、
モノづくり企業の皆様に3Dプリンタを身近に感じていただくことが目的です。
是非、貴社製品のサンプル製作や社内教育など、ご活用頂ければ幸いです。

試作造形などの情報はfacebookにもUPしております。

3Dプリンタの利用について

3Dプリンタは企業・法人の方が利用できます。

※試験的な暫定的提供となります。先ずは作成可能か荒川サテライトにご相談ください。
※3Dプリンタの動作など情報はfacebookにUPしております。
https://www.facebook.com/yamagatadaigaku.arakawa.st

<導入機器>
3Dプリンタ 「3D TOUCH」 (機器情報:武藤工業株式会社)<Bits from Bytes社製>
(販売・サポート:株式会社ムトーエンジニアリング 東日本営業所 TEL03-6758-7130))

使用材料はABS樹脂、サポート材はPLA、
最大造形サイズ185×275×210mm(推奨:100×100×100mm)
Z軸解像度は0.125〜0.5mm(標準:0.25mm)

簡単なサンプル製作には威力を発揮します!

@入稿データ
 STLデータをUSBメモリにて持込ください。
 ※入稿後、相談しながらSTLデータからプリントデータを作成します。
 ※プリントデータの作成は形状により処理時間が左右されます。5分〜4時間以上
 ※簡易型プリンタのため、細い線で構成される造形物やサポート材を多用する造形物などは造形できない場合があります。

A料金(暫定的利用料)
造形物重量(g)×¥30/g ×管理費係数1.15=利用料金
※フィル密度(造形物の内部をある程度中空化する)により総重量が異なります。


B造形時間及び納品等
形状、大きさによりますが、40分〜6時間以上かかります。
また納品はサテライトの営業日とし、直接受取りにてお願い致します。
※データの入稿順にプリントします。プリント完了の期日についてはデータ入稿時に目安をお知らせいたします。





但し、以下の場合は利用を中断もしくはお断りします。
・3Dプリンタの不良および障害
・銃器類等の法律・条例等に反する造形物の作成
・著作権等、知的財産を侵害する造形物の作成
・製造物責任法による過失責任が発生するような使途に係わる造形物の作成
・個人の趣味や公序良俗に反する造形物の作成